歯 ホワイトニング 歯磨き粉


自宅での歯のホワイトニング 専用歯磨き粉は効果がありますか?

正しい歯磨き粉選びをすれば効果があります。

「歯を白くしたい」っていう願望って、きっと誰でもありますよね。テレビのタレントさんとか見ていて、「あんな風に白い歯だと、きっと周りからの自分の印象も変わるだろうな」って思うこともあります。まあ、あそこまでピカピカに白くなくても、歯の色がもうちょっと白っぽかったら、口もとの印象って違うだろうなと。ひと昔まえまでだったら、「自分も歯の色を実際に白くしてみよう」、なんて思わなかったけど、今はいろんなホワイトニングの方法もあるみたいだし。「試してみたい」って私も思います。だって、やっぱり歯は白いほうが顔の表情も綺麗に見えて、いいじゃないですか。うん、絶対にやってみたい。

自宅でできるホワイトニング方法の選択肢

芸能人とかは、審美歯科(歯の見た目を直してくれる歯医者さんのこと)に行って、歯のホワイトニングをしているらしいですね。もしくは、ラミネートべニアを歯に貼っているか、セラミック差し歯にしているとか。そうじゃないと、あんなに真っ白な歯にはなりません。審美歯科でやる場合としたら、オフィスホワイントニングとかデュアルホワイトニングって方法ならかなり白くなるらしい。でも、自分の場合、そこまで真っ白じゃなくてもいいのよね。「今よりももう少し白くしたい」という程度。それだけでも、表情の印象ってかなり変わると思う。

自宅で出来る方法としては、ホームホワイトニングと歯磨き粉を使った方法があるようです。ただ、ホームホワイトニングっていうのは、実は最初に何回か歯医者に行かないといけないんです。歯医者さんに専用のマウスピースを作ってもらって、それに歯のホワイトニング剤を入れて、自宅でマウスピースを装着するっていう方法なんです。だから、歯型を取りに歯医者に行く必要があるし、歯医者さんに自宅でのホワイトニング方法の指導を受けなくちゃいけない。ホワイトニング剤を買いに定期的に歯医者に行かなくちゃいけない場合もあったりするみたいなんです。そのいっぽうで、歯磨き粉を使ったホワイトニングは、いまあなたが自宅で使っていた歯磨き粉の代わりとして、ホワイトニング専用の歯磨き粉を使うだけっていう方法です。

歯医者さんでやってもらう方法

ちなみに芸能人がやっている方法のひとつ、オフィスホワイントニング。これはどういう方法かというと、歯医者さんで全てやってもらう方法です。ホームホワイトニングと比べて強い漂白作用のあるホワイトニング剤を使います。そして、歯に専用の照射器で光を当てて、歯をどんどん白くしていく方法。オフィスホワイントニングだと短期間に歯を白くすることができます。でも、オフィスホワイントニングだけだと、白さの限界はあるみたいなんです。それに白さの持続も3カ月から半年程度。そこで、オフィスホワイントニングとホームホワイントニングの両方を合体させた方法を実践すると、もっともっと歯が白くなるんですって。これが、デュアルホワイトニングという方法です。まさに芸能人並みの白い歯を手に入れる方法というわけですね。

ホームホワイトニングがおすすめ?

タレントさんがやっているようなオフィスホワイントニングデュアルホワイントニングだと、歯医者に通う必要はあるし、費用ももちろん高めです。「さすがにそこまでは..」というあなたには、ホームホワイトニングの方がいいかとは思います。でも、ホームホワイトニングも歯医者に何度か通わないといけません。お手軽ってわけにもいかないんですよね。白さの持続もオフィスホワイントニングに比べれば長いけど、それでも1年程度。再度、歯医者さんに行かないといけません。ホワイトニング期間中(数週間から3カ月程度)は、日常生活も不便になります。1日2時間程度は専用マウスピースを付けている必要があります。マウスピースを外したあと、1時間は食事制限もあります。ホームホワイトニングも、なんだかんだけっこう面倒なんですよね。

セルフホワイトニングは自宅でない

「だったらセルフホワイトニングは?」って思うかもしれません。もしかして勘違いしているかもしれないので、念のためにお伝えしておきますけど、セルフホワイトニングは自宅でできる方法ではありません。エステサロンや専門店のようなところでおこなうホワイトニングです。でも、エステティシャンが歯のホワイトニングをやってくれるわけではありません。「えっ、違うの?」って思いますよね。セルフホワイトニングは「セルフ」という言葉の通り、あくまでも自分自身で施術する方法のホワイトニングなんです。エステサロンまで行って、自分でやるという?!

日本の法律で、歯科医師や歯科衛生士以外は、口の中を触る医療行為のようなことは禁止されているんですって。エステティシャンはあなたの口の中に触れては駄目ってこと。だからあなたが自分でやるんです。エステサロンまで行って..

しかもエステサロンでは、審美歯科で使用するような漂白作用のあるホワイトニング剤は使えません。だから、審美歯科でやるような白さを求めるなら、違います。

歯磨き粉でホワイトニングするという方法

セルフホワイトニングで使用しているホワイトニングジェルの成分は、ポリリン酸とか、メタリン酸、重曹とかです。これらは、ホワイトニング歯磨き粉で使っている成分とほぼ同じ。だったら、エステとかまで行かなくたって自宅でできるじゃない!そう、そいういうことです。

「でも、セルフホワイトニングは歯に光をあてるでしょ?」「照射が歯を白くさせるんじゃないの?」という質問。はい、そうです。でも、審美歯科で使う光とエステで当てる光は種類が違います。セルフでは、ただのLED光線です。エステサロンやセルフホワイトニング専門店では医療用の光線機器を使うのは駄目ですから。それに、そもそもポリリン酸やメタリン酸、重曹に光をあてても意味がありません。それの成分で歯が白くなるのは、歯医者さんで使用する特別な照射器のみです。セルフホワイトニングでやるLED照射で、ジェルに入った酸化チタンに光をあてることの効果とは、全くの別物です。

セルフホワイトニングはお手軽にできるホワイトニングということで、最近人気があるみちですけど、行っている人はそこまで詳しいことは知らないでしょうね。お店の人は「白くなりますよ〜」としか言わないでしょうから。

だったら、やっぱり歯磨き粉を使ったホワイトニングがいいなって思います。お手軽だし、自宅でできるし、一番安い方法だし。

でも、専用の研磨剤無の歯磨き粉を選んで

ホワイトニングなら歯磨き粉を使った方法を選んで、って言ったけど、ひとつ注意点があるの。それは、研磨剤が入っていない歯磨き粉を選ぶこと。世間一般的には、「歯を白くする歯磨き粉なら、研磨剤入りを!」なんてこと言う人もいるけど(歯磨き粉のメーカーさんもね)。「ダメ、ダメ、実は逆ですよ!」。研磨剤は歯の表面の汚れを落としてくれるけど、それと同時に歯の表面のエナメル質に傷を付けてしまうから。歯のことを一番知っている歯医者さんが、「研磨剤入りの歯磨き粉は使わない方がいいですよ」って言うくらいだから間違いないでしょう。

でも近所の薬局とかで、ただ単に、無研磨剤歯磨き粉を選んでも駄目。薬局で売っている無研磨剤歯磨き粉をは、歯槽膿漏とかの知覚過敏の人向けの歯磨き粉。ホワイトニング用の歯磨き粉ではありません。

研磨剤を使わず、歯に傷をつけないで歯の汚れを取る歯磨き粉っていうのは、そのために必要な成分が入った歯磨き粉じゃないとだめなんです。歯の表面の汚れを浮かして、汚れ成分を分解し、そしてそれを取り除く、という3つのステップにそれぞれ必要な成分を含んでいる必要があるんです。

そんな研磨剤無しのホワイトニング専用の歯磨き粉には、はははのは、レディホワイト、薬用ちゅらトゥースホワイトニングといった商品があります。それぞれに特徴のあるおすすめの歯のホワイトニング歯磨き粉となっています。定期購入だと、割安で購入可能になっていますので、是非試してみてください。


ページの先頭へ